インパール作戦 イギリス pdf

インパール作戦 イギリス

Add: zehifad15 - Date: 2020-12-15 12:51:09 - Views: 4325 - Clicks: 6948

^ a b 田部幸雄「インパール作戦で全滅した第15軍の軍馬12,000頭の悲劇」『獣医畜産新報』1977年6月、 要ページ番号 。. インパール作戦は敵国イギリス軍の戦力を軽視した戦いでもあった。終戦直後、イギリスなど連合軍がインパール作戦に関わった日本軍の司令官や幕僚17人から、その内実を密かに聞き取っていた資料が見つかった。この中でインパール作戦の勝敗の鍵を握ったある戦いについて細かく聞き取られていた。 北から進攻した第31師団、1万7,000人が、イギリス軍側と激突した「コヒマの闘い」である。連合軍の調書によると、コヒマに攻め込んだ第31師団の佐藤幸徳師団長は、コヒマに至った時点で戦闘を継続するのが難しい状態だったと証言している。 「コヒマに到着するまでに、補給された食糧はほとんど消費していた。後方から補給物資が届くことはなく、コヒマの周辺の食糧情勢は絶望的になった。」(佐藤幸徳師団長 調書より) 日本軍の最高統帥機関、大本営は戦場の現実を顧みることなく、一度始めた作戦の継続に固執していた。東條大将の元秘書官は、現地で戦況を視察した大本営の秦中将が東條大将に報告したときの様子を語っている。 「報告を開始した秦中将は『インパール作戦が成功する確率は極めて低い』と語った。東條大将は、即座に彼の発言を制止し話題を変えた。わずかにしらけた空気が会議室内に流れた。秦中将の報告はおよそ半分で終えた。」(元秘書官 西浦大佐の証言) この翌日、東條大将は天皇への上奏で現実を覆い隠した。 「現況においては辛うじて常続補給をなし得る情況。剛毅不屈万策を尽くして既定方針の貫徹に努力するを必要と存じます」(上奏文) 作戦開始から2か月が経過した1944年5月中旬。牟田口司令官は、苦戦の原因は師団長、現場の指揮官にあるとして、3人の師団長を次々と更迭。作戦中にすべての師団長を更迭するという異常な事態だった。 さらに牟田口司令官は自ら最前線に赴き、南からインパールを目指した第33師団で陣頭指揮を執る。全兵力を動員し、軍戦闘司令所を最前線まで移動させることで、戦況の潮目を一気に変える計画を立てたのだ。しかし、牟田口司令官の作戦指導はイギリス軍の思惑通りだった。 「われわれは、日本軍の補給線が脆弱になったところでたたくと決めていた。敵は雨期までにインパールを占拠できなければ、補給物資を一切得られなくなることは計算し尽くしていた。」(ビルマ奪還に当たっていたイギリス軍のスリム司令官の証言). .

8年前、インパール作戦に参加した元日本兵を取材した。彼らは物量で勝る英軍に撃退され、ミャンマーのジャングルで、飢えと病でばたばたと. 佐藤師団長の撤退命令は司令部の命令を無視、拒絶するという陸軍刑法第42条に反しており、師団長という要職の人物が命令に従わない日本陸軍最初の抗命事件となりました。 牟田口司令官はこれに激怒して佐藤師団長を更迭、また第33師団長・柳田元三(やなぎたげんぞう)中将、第15師団長・山内正文(やまうちまさふみ)中将も佐藤師団長と同様に撤退を進言したため、牟田口司令官はこの二人も更迭し、第15軍は実質的に崩壊してしまいました。 ここに至って作戦の失敗、部隊の撤退の必要は火を見るよりも明らかでしたが、河辺ビルマ方面軍司令官と牟田口中将はお互いが責任を負うことを恐れて撤退を口に出せず、むやみに時間だけを費やしてしまい、その間にも前線での死者は増え続けていたのです。 7月3日、軍部は遂に作戦中止を決定して各部隊に通達、参加90,000人に対して帰還者12,000名という状態で、帰還兵もほとんどが傷つき、杖を頼りに歩くのがやっとという惨状だったと言われています。. 冷酷に残虐さを発揮したイギリス兵。 昭和19年(1944年)3月、インパール作戦が発動されました。日本軍はアラカン山脈を越えてインパールを目指しました。.

See full list on historyjapan. 日本軍の参加兵力は第15軍49,600人を主力とした90,000人、これにインド独立を支持するインド国民軍6,000人が加わっていました。 連合国軍はインド駐留イギリス軍を中心に約15万人が待機しており、空輸による補給体制や重火器も装備されており反撃体制は整っていました。 1944年3月8日、輸送部隊の補充も物資の補給もままならないままに侵攻作戦が開始され、三方面からインパールを目指して進軍を開始しました。 しかし、開始直後は順調であった作戦もすぐに破綻し始めます。 物資不足を補うために考案されたジンギスカン作戦(牛や水牛、羊に荷物を積んで運び、必要に応じて牛や羊を食用に利用する)はチンドウィン川渡河作戦で物資の大半が失われ、進路途中のジャングルや山岳地帯のために次々と脱落し失敗に終わります。 日本軍の進軍中に行われる連合国軍の爆撃や輸送部隊の壊滅によって兵士自らが物資輸送を担当することにより、前線に部隊が展開するときには日本軍の兵士は疲労のピークに達していました。. ^ 陸戦史集13 1969, pp. かつてビルマと呼ばれていた、インドシナ半島西に位置するミャンマー。1944年3月に決行されたインパール作戦は、川幅600mにもおよぶ大河とm級の山を越え、ビルマからインドにあるイギリス軍の拠点インパールを3週間で攻略する計画だった。しかし、日本軍はインパールに誰1人、たどり着けず、およそ3万人が命を落とした。 インパール作戦は、極めて曖昧な意思決定をもとに進められた。 1942年1月、日本軍はイギリス領ビルマに進攻し、全土を制圧。イギリス軍はインドに敗走した。日本軍の最高統帥機関である大本営はインド進攻を検討するが、すぐに保留。しかし、1943年に入ると太平洋でアメリカ軍に連敗。戦況の悪化が再び計画を浮上させる。 そのころ、アジアでも体制を立て直したイギリス軍が、ビルマ奪還を目指し反撃に出ていた。 1943年3月、大本営はビルマ防衛を固めるために、ビルマ方面軍を新設。司令官に就任した河辺正三は着任前、首相の東條英機大将に太平洋戦線で悪化した戦局を打開してほしいと告げられていた。 同じ時期、牟田口廉也中将がビルマ方面軍隷下の第15軍司令官へ昇進。インパールへの進攻を強硬に主張した。しかし、大本営では、ビルマ防衛に徹するべきとして、作戦実行に消極的な声も多くなっていた。.

See full list on nhk. インパール作戦 インパール作戦 イギリス pdf 準備および戦場の状況 日本軍の状況5月上旬時点での参加兵力は、第15軍の下記3個師団で計49,600人、その他軍直轄部隊など36,000人の総兵力約85,000人であった。. インパール作戦は雨期の到来を避けるため、3週間の短期決戦を想定し、3つの師団を中心に、9万の将兵によって実行された。南から第33師団、中央から第15師団がインパールへ。北の第31師団はインパールを孤立させるため、北部の都市、コヒマの攻略を目指した。大河と山を越え、最大470キロを踏破する前例のない作戦だった。 1944年3月8日、作戦が敢行。3週間分の食糧しか持たされていなかった兵士たちの前に、川幅最長600メートルにおよぶチンドウィン河が立ちはだかった。空襲を避けるため夜間に渡河したが、荷物の運搬と食用のために集めた牛は、その半数が流されたという。 作戦開始から2週間。インパールまで直線距離110キロの一帯で、日本軍とイギリス軍の最初の大規模な戦闘が起こる。南からインパールを目指した第33師団は、イギリス軍の戦車砲や機関銃をあび、1,000人以上の死傷者を出す大敗北を喫した。 第33師団の柳田元三師団長は、「インパールを予定通り3週間で攻略するのは不可能だ」として、牟田口司令官に作戦の変更を強く進言。牟田口司令官のもとには、ほかの師団からも作戦の変更を求める訴えが相次いでいたという。牟田口司令官に仕えていた齋藤博圀少尉は、牟田口司令官と参謀との間で頻繁に語られていたある言葉を記録していた。 「牟田口軍司令官から作戦参謀に『どのくらいの損害が出るか』と質問があり、『ハイ、5,000人殺せばとれると思います』と返事。最初は敵を5,000人殺すのかと思った。それは、味方の師団で5,000人の損害が出るということだった。まるで虫けらでも殺すみたいに、隷下部隊の損害を表現する。参謀部の将校から『何千人殺せば、どこがとれる』という言葉をよく耳にした。」(齋藤博圀少尉の回想録). 日本軍のいうインパール作戦を戦ったイギリス軍兵士が、撤退したあとの日本軍の野戦病院に入るとこんな光景を目にした。「その死体のかたわらには、兵士の妻や子ども、恋人の写真、富士山や桜の花、梅の花の絵葉書、そして日記帳などが落ちていた。今際(いまわ)のきわに、思い断ち. 階と、作戦が実行され中止されるまでの段階に分けて、軍事的合理性という視点から論 じる。それによってインパール作戦の各段階に表出した日本の戦争指導及び作戦指導の 特質を明らかにしようというものである4。 i 第1 段階-インパール作戦決定まで-. ^ 叢書インパール作戦 1968, p.

インパール作戦の代名詞になっていることは補給問題を無視した無謀な作戦として有名です。 もともと大本営がたてた作戦だと言われています。 しかし、実際に実施するにあたってその時期は敗色が濃くなった昭和19年でした。. 1943(昭和18)年2月、約3000名のイギリス・インド連合軍(英印軍)が中部ビルマに突如現れ、1か月半にわたり日本軍へ攻撃を仕掛けました。 ビルマとインド国境はアラカン山脈という、最高峰は富士山とほぼ同じ高さの山が占める、極めて険しい山脈に隔たれており、大軍が乗り越えられないと考えられていました。 それだけに、この英印軍の出現は日本軍にとって脅威的でした。この部隊はイギリス軍のウィンゲート少将に率いられた「チンディット」という部隊で、補給は全て飛行機から前線へ物資をパラシュートで落とすという方法でした。. この作戦を黙認しました。 作戦の結果は危惧された とおりとなり、 飢餓と疫病 に侵攻部隊は全滅しとイギリス軍の反撃のため ました。 チェックアンドバランス の仕組みがないと ,組織が 暴走する好例です。 どんな業種でも、企業の話・ 営業と 経理は.

インパール作戦について。 インパール作戦って無謀な作戦だった事で有名ですが、その時のインパールの日本の制空権はどうなってたのですか?九六式陸上攻撃機や銀河爆撃機等でイギリス軍を爆撃は出来なかったのですか?日本軍はインパール辺りの制空権はどうなってたのですか. インパール作戦はむしろ大本営の望んだものであり、牟田口は上官に逆らう事を最も忌み嫌った軍人であったと言う事を記録で証明している。 第十五軍の河邊方面軍司令官が、当初は作戦に積極的であったので牟田口を督励し、不利になって変心してもそれ. 1944年6月、インド、ビルマ国境地帯は雨期に入っていた。この地方の降水量は世界一と言われている。当時の降水量のデータを解析すると、その前のひと月の降水量は、すでに1,000ミリを超え、30年に1度の大雨。3週間で攻略するはずだった作戦の開始から3か月、1万人近くが命を落としていたと見られる。 司令官たちはそれでも作戦中止を判断しなかった。6月5日、牟田口司令官のもとにビルマ方面軍の河辺司令官が訪れた。お互い作戦の続行は厳しいと感じながら、その場しのぎの会話に終始した。 2人が作戦中止の判断を避けたあとも、戦死者はさらに増えていった。大本営が作戦中止をようやく決定したのは7月1日。開始から4か月がたっていた。しかし、インパール作戦の悲劇は作戦中止後にむしろ深まっていく。実に戦死者の6割が、作戦中止後に命を落としていったのだ。 レッドヒル一帯の戦いで敗北した第33師団は、激しい雨の中、敵の攻撃にさらされながらの撤退を余儀なくされた。チンドウィン河を越える400キロもの撤退路で兵士は次々に倒れ、死体が積み重なっていった。腐敗が進む死体。群がる大量のウジやハエ。自らの運命を呪った兵士たちは、撤退路を「白骨街道」と呼んだ。 一方、コヒマの攻略に失敗した第31師団。後方の村に食糧の補給地点があると信じ、急峻な山道を撤退した。しかし、ようやくたどり着いた村に、食糧はなかった。分隊長だった佐藤哲雄さん(97)は、隊員たちと山中をさまよった。密林に生息する猛獣が弱った兵士たちを襲うのを何度も目にしたという。 「(インドヒョウが)人間を食うてるとこは見たことあったよ、2回も3回も見ることあった。ハゲタカも転ばないうちは、人間が立って歩いているうちはハゲタカもかかってこねえけども、転んでしまえばだめだ、いきなり飛びついてくる。」(佐藤さん) 衛生隊にいた望月耕一(94)さんは、武器は捨てても煮炊きのできる飯盒を手放す兵士は1人もいなかったという。望月さんは、戦場で目にしたものを、絵にしてきた。最も多く描いたのが、飢えた仲間たちの姿だった。 「(1人でいると)肉切って食われちゃうじゃん。日本人同士でね、殺してさ、その肉をもって、物々交換とか金でね。それだけ落ちぶれていたわけだよ、日本軍がね。ともかく友軍の肉を切ってとって、物々交換したり、売りに行ったりね。そんな軍隊だった。それがイ. 第1回 提供制限 インターネット公開 原資料(url).

太平洋での対米戦略で人材や兵力、装備を引き抜かれた後に創設されたビルマ方面軍は、アジア地域の地理や戦局、政治情勢に疎い幹部が集結することになり、古参である牟田口中将の存在価値が高くなりました。 その上、反対派の小畑少将が解任されたため、誰も牟田口中将に反対することが難しくなります。 南方軍首脳部も大本営参謀部も基本的にはこの作戦を支持していたのですが、インパール攻略後のアッサム地方への進出は兵站(へいたん、補給や全線部隊への後方支援のこと)の点から難しいと問題視されていました。 しかし、河辺ビルマ方面軍司令の最終判断は我らが決断するの言葉でこれ以上の論議が遮られました。 1943年8月、インパール侵攻の準備命令を出した大本営に、南方軍司令部はあくまでもインパールへの限定侵攻との修正を出しますが、河辺ビルマ方面軍司令官は修正をすることはなく、第15軍牟田口中将もアッサム侵攻を諦めることなくこの修正を完全に無視しました。. インパール作戦の失敗は、兵站計画の杜撰さのほかにも、牟田口の資質、作戦発動の意思決定の杜撰さ、そして敵軍(イギリス・インド軍)の. 物資や弾薬の不足する前線部隊は司令部に補給を求めますが、司令官の牟田口中将は至急送るとの返信しましたが司令部から十分な物資が送られることはありませんでした。 あげくには食料は敵から奪えとの命令が届きます。 インパール作戦 イギリス pdf 戦車や強力な火砲で守りを固めるイギリス軍は制空権を握る連合国軍の空輸による補給で長期戦に耐えられる状況となり、戦線は膠着状態に陥ります。 物資の不足する日本軍は、投下される連合国軍の物資を略奪する特別部隊を編成するなどして飢えに耐えますが、日本軍がインパールから15㎞地点に到達したところで連合国軍の反撃が激しくなり、進撃の足が止まっしまいました。 雨季に入り、日本軍の補給線が伸びきったところでイギリス軍の本格的な反抗作戦が始まると、空爆やイギリス陸軍の進撃により日本軍の部隊はあちらこちらで寸断されていきます。 このため補給が完全に途絶えてしまう部隊が続出し、衰弱した兵士の間でマラリアの感染が拡大し作戦続行が徐々に不可能になっていくのでした。. インパール作戦を生き残り帰還したといわれる人数は.

インパール作戦は破れかぶれの特攻? 大東亜戦争も終盤に差し掛かった、1944年3月、ビルマに駐屯していた日本陸軍は、隣接するイギリス領インド東部の都市、インパールに向けて侵攻を開始しました。これがインパール作戦です。 作戦の目的は、インドを経由した、蒋介石率いる中国国民党. インパール作戦(インパールさくせん、日本側作戦名:ウ号作戦〈ウごうさくせん〉)とは、第二次世界大戦(大東亜戦争)のビルマ戦線において、1944年(昭和19年)3月に帝国陸軍により開始、7月初旬まで継続された、援蔣ルートの遮断を戦略目的として、イギリス領インド帝国北東部の都市. 西暦1944年(昭和19年)に東南アジアのビルマとイギリス領であった南アジアのインドとの国境付近でおこなわれた日本軍や有志のインドの人たちの武装組織、インド国民軍の軍事行動であるインパール作戦。この作戦に参加して生き残り. Try For Free Now! 1944年(昭和19年)3月8日に日本陸軍により開始された日本側作戦名・ウ号作戦のことをインパール作戦と言います。 ビルマ攻略戦が予定より早く終結したため、インド侵攻作戦の構想を持っていた日本陸軍がインド北東部でビルマから近い位置にあるイギリス陸軍の拠点であるインパールの攻略を目的とした作戦を具体化させ、二十一号作戦として準備が開始されました。 インパール作戦 イギリス pdf この作戦には第15師団と第18師団の2個師団が当てられることとになりましたが、第18師団長であった牟田口廉也中将や第15師団長が雨季による補給の困難などを理由に反対を唱えたのと、ガダルカナル島の戦いの戦局が予断を許さなくなったため、二十一号作戦は一旦保留となります。. 太平洋戦争で最も無謀といわれるインパール作戦。戦死者はおよそ3万人、傷病者は4万とも言われている。軍の上層部は戦後、この事実とどう向き合ったのか。 「インド進攻という点では、大本営は、どの時点であれ一度も、いかなる計画も立案したことはない。インパール作戦は、大本営が担うべき責任というよりも、南方軍、ビルマ方面軍、そして、第15軍の責任範囲の拡大である。」(大本営 服部卓四郎 作戦課長) 牟田口司令官に仕えていた齋藤博圀少尉は、敗戦後連合軍の捕虜となり、1946年に帰国。その後、結婚し家族に恵まれたが、戦争について語ることはなかった。 73年前、23歳だった齋藤元少尉は死線をさまよいながら、戦慄の記録を書き続けた。 「生き残りたる悲しみは、死んでいった者への哀悼以上に深く寂しい。国家の指導者層の理念に疑いを抱く。望みなき戦を戦う。世にこれ程の悲惨事があろうか」. Enjoy the Best Online PDF to Word Converter to Process Docs From Any Place.

て,インパールが東西の地域から受けてきた政治・社 会的影響についても考察する. ii 第2次世界大戦の最前線 日本人にとってインパールと聞くと,まず頭に浮か インパール作戦 イギリス pdf ぶのは第2次世界大戦のインパール作戦であろう.. 戦線の維持が難しい状況になっても牟田口中将はインパール侵攻を諦めず、各部隊に前進を言明します。 しかしこの時、牟田口中将がいた第15軍司令部は前線から離れること400㎞も後方にあり、軍部全体からの風当たりが強くなったため、牟田口中将は司令部を前進させインパール侵攻を続行させます。 マラリアの拡大、戦病者の増加などのなかで、弾薬が尽きて投石で戦闘する部隊が現れるに至って、第31師団長・佐藤幸徳(さとうこうとく)中将は再三再四、司令部に対して撤退を進言します。 しかし、牟田口司令官はこれを拒絶し作戦続行を命令したため、佐藤師団長は指揮下の部隊長を集めて撤退を指示、司令部に対して「善戦敢闘六十日におよび人間に許されたる最大の忍耐を経てしかも刀折れ矢尽きたり。いずれの日にか再び来たって英霊に託びん。これを見て泣かざるものは人にあらず」の電文を送り、司令部の命令なく独断で撤退を開始しました。. Read Customer Reviews & Find Best Sellers. See more results. インパール作戦失敗の後の1944年8月、第15軍司令官を罷免されて参謀本部附となり、12月には予備役となる。 1945年1月予備役召集で陸軍予科士官学校長となりそのまま終戦を迎える。. しかし、陸軍大臣も兼ねていた東条英機首相は、インドの独立運動を刺激し、イギリスの屈服を図るという方針を強く持っていました。 また、太平洋戦線での敗退をインド方面で挽回したいという思惑もありました。 牟田口司令官は、開戦当初破竹の勢いでイギリス軍を攻め落とした記憶から、「イギリスは弱く、攻めれば相手は逃げる」と強硬に主張し、補給の心配を理由としたインパール作戦への批判は次第に抑え込まれていきました。 足りない補給は、インパールを占領すれば自動車も食糧も手に入るだろうという楽観的な予測もあり、ついに1943年9月、大本営はインパール作戦準備命令を出しました。. 1942年(昭和17年)10月に入るとイギリス陸軍の日本軍への反撃が開始され、太平洋ではアメリカ軍との戦闘が激しくなり、日本陸軍は防衛体制の刷新に迫られます。 その結果、1943年3月に河辺正三(かわべまさかず)中将を方面司令官にしたビルマ方面軍が創設され、所属部隊の第15軍司令官に牟田口中将が就任しました。 太平洋および東南アジアでの戦局を考慮した牟田口中将は、以前のインド侵攻に反対する立場からイギリス軍の拠点であるインパールを攻略し、インドへの侵攻を主張するようになっていました。 牟田口中将は日本軍がインパールを占領し、インドのアッサム地方へ進出すればインド独立運動が活発化し、イギリス軍の行動が制約されると考えていたからです。 牟田口中将はこれを武号作戦と名付けて推進しようとしましたが、第15軍参謀長・小畑信良(おばたのぶよし)が強硬に反対したため、牟田口中将は河辺司令官の承諾を得て、着任してわずか1月半の小畑少将を解任しました。.

インパール作戦は、太平洋戦争の最終段階において陸軍が実施した攻勢作戦 である。この作戦は、甚大な犠牲、後方支援等の処置が不十分な状況で作戦を 開始した合理性を欠く作戦、作戦参加師団長3名の解任等、古今まれに見る失. pdf インパール作戦(インパールさくせん、日本側作戦名:ウ号作戦〈ウごうさくせん〉)とは、第二次世界大戦(大東亜戦争)のビルマ戦線において、1944年(昭和19年)3月に 帝国陸軍により開始、7月初旬まで継続された、援蔣ルートの遮断を戦略目的として、イギリス領インド帝国北東部の都市. イギリスが、インパール作戦を勇敢な作戦だと褒め称えているというのはマジですか? この質問は、何かのブラックジョークですか?「インパール作戦」は、日本陸軍史上の汚点と酷評されることもある、日本陸軍の崩壊のきっかけ. インパール作戦もイギリス軍の前線にはネパール人などが沢山いました。 アメリカの戦いも、前に黒人などを歩かせて、それを撃ってきた場所から敵兵の場所を確認して、後方からアメリカ人などが撃つという構図です。. ^ タラク 1978, pp. インパール作戦とは、アジア太平洋戦争後期の1944年3月、ミャンマー(当時はビルマ)にまで支配を広げていた日本軍が、隣国インドの北東部に. 撤退した部隊長を召集した訓示で牟田口中将は次のように述べています。 作戦立案の不備や司令部の判断などよりも精神論が陸軍の原泉であるという考え方が中将という高級軍人のなかにもあったのでは、近代化していった第二次世界大戦を勝利することは出来なかったのは当然ではないでしょうか。. インパール作戦 イギリス pdf See full list インパール作戦 イギリス pdf on history-men.

もインパール作戦開始時には、すでに制空権を 米英の連合軍に奪われ、ビルマからインパール に撤退したイギリス軍も万膳の防備体制を整え ていた。 インパール作戦は1944年3月8日、チンド ウィン河の渡河から開始された。チンドウィン. com has been visited by 1M+ users in the past month. 6月に入ると、ビルマ各地で連合軍の反撃がさらに強くなりました。北ビルマの重要地点であるミイトキーナ(現ミッチーナ)を陥落させ、日本軍が以前遮断した「援蒋(えんしょう)ルート」の再建に取り組んでいました。 6月6日、牟田口司令官は、ビルマ方面軍の司令官川辺正三(かわべまさかず)中将と会談しました。この時既に作戦の失敗を悟っていた牟田口中将は、作戦中止を言い出したかったものの、体面にこだわり、自らは言い出すことができず、結局作戦は続行されることになりました。 その間にもインパール周辺の日本軍部隊の弱体化はいっそう進んでおり、赤痢(せきり)やマラリア、脚気(かっけ)といった病気が多発し、兵の3分の1は負傷や病気で動けませんでした。 それから約1か月後の7月8日、ようやく撤退命令が出されました。その時にはほとんどの将兵には食糧はなく、敵の攻撃から逃げながら時には村落などで食糧を奪い、ジャングルでは草を食べながら撤退しました。 日本軍の退却路には、倒れた将兵の白骨が連なり、「白骨街道」と呼ばれるようになりました。この作戦の日本側戦死者は2万4000~2万5000人と言われています。. Edit pdf & eSign PDF Documents Online w/ PDFfiller Chrome Extension. インパール作戦をやりたいと言ったのは、牟田口でした。 彼は、「軟弱なイギリス軍など、あっというまに倒して見せる」と豪語しました。 だから、歩兵の携帯用食糧だけで十分で、補給の事を考える必要が無いというわけです。.

. 牟田口司令官は各部隊長を召集した命令伝達の中で、「物資や食料は敵に求める」「敵に遭遇したら銃を空に3発撃て。そうすれば敵は降伏する話がついてる。」と発言し、部隊長らはこの発言に牟田口司令官の本心を疑わざるをえませんでした。 1944年(昭和19年)1月、ついに大本営から作戦遂行の命令がくだされ、南方軍に発令されました。 太平洋ではアメリカ軍に対して不利な戦闘を続けており、敗色が濃厚になる中で戦局打開を期待する首脳部の思惑も重なった上に、1943年10月に作戦実行に強硬な反対をしていた南方軍の稲田正純(いなだまさずみ)総参謀副長が解任され、インパール作戦に反対する声はなくなってしまいました。 インパール作戦開始前に行われたハ号作戦(インド国境に駐留するイギリス軍殲滅作戦)が失敗に終わったにも関わらず、本作戦は中止どころか修正案すらされることはありませんでした。. 116 ^ 叢書インパール作戦 1968, pp.

インパール作戦 イギリス pdf

email: pudexeq@gmail.com - phone:(325) 976-2483 x 8779

Algebraic groups and class fields pdf - Windows

-> Two cognitive systems simultaneously prepared for opposite events pdf
-> シダックス 学童 pdf

インパール作戦 イギリス pdf - List lego parts


Sitemap 1

Cg検定 ベーシック 過去問 pdf - Classification codes